インターネットを利用した生活での節約術

日常生活での考え方の歪みの注意点

インターネットを利用した生活での節約術 日常生活を快適に生きていくということでは、物質面での十分な供給が必要になります。好きな時に好きなものを利用できる環境にいたいとなります。富を得たいということなどです。もうひとつは精神的な満足感です、自分の望みがかなった時に満足感が得られ、幸せを実感します。現実世界の充実感と精神世界の充実感が両方得られて、満足できる幸せな人生を生きることができるという結論になります。その中で、精神的な充実感は少々複雑になります。その障害になる精神的な動きが複雑だからです。例えば、幸福になりたいのに自分を不幸にしてしまう日常生活の考え方があります。自分の考え方の癖で、自分を不幸にしてしまうという自分で自分を日常生活で不幸にするという考え方です。

例えば、どうせ同じことになると決めつけて見たり、人はこうあるべきだと決めつけて考えたり、すべてを否定的に考えてしまい、ネガティブな考え方の中に閉じこもってしまったりとかです。他人を自分の価値観で攻撃するということもありますが、自分を自分で責めて攻撃をするということまで行います。非常に不思議な現象ですが、ネガティブな状態では、他人も自分も攻撃対象になるわけです。拡大解釈をして合理化したり、自分を価値のない人間だと矮小化したりもします。それらの状態から抜け出さないと、なかなか日常生活を楽しむことはできなくなります。