インターネットを利用した生活での節約術

手が届かないところにある電球を交換する生活のテクニック

インターネットを利用した生活での節約術 生活で利用する照明器具に変化が出てきています。かつては電球が使われていました。電気の発明の当時から原理はほとんど変わっていません。明かりは得ることができますが電球の寿命が短かったり電気代がかかるデメリットがあります。電球よりも長期間使え電気代も節約できる蛍光灯が一般化します。電球タイプも登場しました。さらにLEDの照明が現在の主流になっています。

蛍光灯よりさらに長寿命、電気代も安くなるとされています。自宅に電球があるなら変えた方がいいかもしれません。しかし容易に変えられない場合があります。照明器具は大抵天井付近にあります。天井が高かったりセガ費低いときには天井まで届かないことがあります。人によっては便利屋さんにお願いをして交換してもらうこともあるようです。

生活で一般的に行う方法としては脚立や椅子を使う方法でしょう。少し怖いですが自分の手で確かめながら設置をすることができます。別の方法として手作りの交換器を利用することがあります。四角型のペットボトルは100Wなどの電球にぴったりのサイズになります。これと傘を組み合わせると高いところの電球を外したり取り付けたりすることができます。後少し足りないときなどに使えそうです。