インターネットを利用した生活での節約術

普通の鍋で圧力なべで煮るときのように調理ができる生活の技

インターネットを利用した生活での節約術 水の沸点は100度です。気圧が影響していて平地であれば沸点は100度ですが高山などになるとどんどん沸点は下がります。煮炊き料理の場合はどれだけ頑張っても100度以上にはならないので肉や野菜を柔らかくするにはとにかく長く煮込む必要がありました。ある画期的な商品が登場することで短い時間でも早く調理ができるようになります。

それが圧力なべです。鍋の蓋の部分で鍋の中の気圧を調節して100度以上でも調理できるようになりました。ただし圧力を調整するための機能が必要なため通常の鍋に比べると高くなります。大きな鍋だとより高くなりなかなか買うことができない家庭もあります。使うことで生活の家事の時短を進められることもあるでしょう。圧力なべに近い調理方法が普通の鍋でもできます。

まず普通の鍋を用意します。そして密閉できる袋を用意します。食材を袋の中に入れできるだけ空気を抜きます。この時すべて抜き切らないようにします。これを鍋のお湯の中に入れて煮ることで早く煮込むことができます。ある程度煮込めて来たら普通の鍋に移して味付けをすれば出来上がりです。袋の中で密閉状態になることで圧力鍋のような効果が得られます。袋は洗えば何度でも使えます。